弱音 愚痴 会話 女にモテる男 テクニック

弱音や愚痴もモテる男のテクニックに

スポンサーリンク

モテる男を目指すなら、初対面やまだお互いの事をあまり知らない女性に対して男としての弱みを見せたり、愚痴を言ったりするのは控えるのが基本です。
しかし、ある程度知り合っている仲なら、弱音や愚痴も会話の刺激となる事があります。
これは、普段と違う一面を見せることで相手の心を掴む、モテる男の会話のテクニックのひとつでもあります。


しかし、弱音や愚痴と言っても、「会社を辞めたい。」や「あの人が嫌い。」といった深刻な話題ではいけません。
あまり深刻な話題を振られても相手は困ってしまいますし、会話も暗くなってしまいます。
例えば、「今回の仕事はちょっと大変なんだよ。」のように、「ちょっと」や「少し」の弱音や愚痴を選んでみましょう。

スポンサーリンク

モテる男がいつもと違った一面を見せることで、私に対しては弱い面を見せる事があるという優越感や、頼られているという喜びを感じる女性は多いです。
また、いつも明るい人が落ち込んでいる時に見せる表情のギャップにドキッとした経験を持つ女性も少なくありません。


このような弱音や愚痴は、「今日仕事でちょっと嫌な事があって…。」「最近、気分が少し落ち込み気味で…。」などと、女性を食事やデートに誘う口実にも使う事ができます。
君と話をするのは楽しい、気分転換になるなど、女性の自尊心をくすぐるような言葉で誘えたら尚良いです。
ただし、これは普段から弱音や愚痴が多い男性には効果のないテクニックなので、注意されて下さいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加