会話 キャッチボール 方法

会話のコツはしっかり受取って投げ返す

スポンサーリンク

上手な会話と聞いたら、どのようなことをイメージしますか?
聞き取りやすい・分かり易い・共感がきちんとできるなど、さまざまな事が思い浮かぶかと思いますが、話し相手と言葉のやり取りがちゃんとできる事も上手な会話の条件だと言えます。
男性の皆さんは、キャッチボールやバレー、バトミントンなど、2人で行うスポーツをされた事があるかと思いますが、お喋りもこれと同じで1人ではできませんし、どんなに話し方が上手でもそれが一方的になってしまっては会話とは言えません。


「会話は言葉のキャッチボール」という言葉があるように、相手の言葉をしっかり受取り、相手が受取りやすい位置に投げ返してあげるのが上手な会話のコツです。
言葉を受取るというのは、相手の声をただ耳に入れるだけではなく、相槌をうってあげたり共感してあげたりする事が大切です。

スポンサーリンク

キャッチボールでも、相手のボールをしっかり受取らないとスムーズに投げ返すことができませんし、相手にちゃんと受取ってもらえるようにボールを投げないとこちらにスムーズに返ってきませんよね。
時々、相手が投げた言葉を取りこぼしてしまうこともありますが、その時も慌てる必要はありません。
落ち着いてそれをまた拾ったり、新しい話題を相手に投げ返したりすれば良いのです。


お喋りが上手になりたいと思っている方も、お喋りに苦手意識がある方も、このように考えてみれば少し気持ちがラクになるのではなないでしょうか。
あまり難しく構えていると、考えれば考えるほど行動や言葉が出にくくなってしまいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加