電話 長話 恋愛 女にモテる男 会話術

モテる男は電話で長話をしない

スポンサーリンク

モテる男のように会話が上手な人は、電話での長話はほとんどしません。
意外なようにも感じますが、モテる男の通話時間は短いのです。
気になる異性との電話は楽しいものですし、会話が上手ければ電話でも会話が盛り上がるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、せっかく話すのなら実際に合って話した方が良いというのがモテる男の考え方の基本です。


しかし、電話は手短にと言っても、ただ用件や連絡事項を伝えるだけでは愛想の無い印象を与えかねません。
「今日は寒いねー。」「最近調子どう?」「そういえば、この前の件は大丈夫だった?」など、近況をたずねる程度の会話は挟んだ方が良いでしょう。

スポンサーリンク

そして、区切りの良い時に「また何かあったら連絡してね。」「連絡ありがとう、またね。」と、通話を終了します。
会話が弾んでなかなか区切りを付けられない場合でも、できるだけ会話を長引かせないようにしましょう。
会話を終わらせてしまう言葉は言いにくいものですが、この時は「今度時間あるかな?食事でもいかない?」と誘うチャンスでもあります。
話の盛り上がりからの誘いなので自然です。


このように通話をあえて短くする事で、次に会った時に話すことが無いという状況を避けられたり、相手に話したりないと思わせたりする効果が期待できます。
さらに、通話の終わりに「またね」と次の機会を思わせる言葉を伝えたり予定を立てたりする事で、自然に次回の機会に繋げることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加