女性との会話 話をまとめる NG モテる男

話をまとめてしまわない様に注意しよう

スポンサーリンク

男性と女性は脳の作りが根本的に違います。
ですから理解し難い部分がお互いにあることもしょうがないのです。
脳で考えていることが直接表れるのが会話ですよね。
ということは、会話での行き違いがあるのも必然ですよね。
男性はそのことを承知の上で女性と話すことで、関係を上手くまとめることができるでしょう。


女性との会話で男性が気を付けなければならない点としては、女性の話の要約をしないことです。
女性は話をとにかく聞いてもらいたい、そして共感してもらいたいという思いがあります。
その思いが強くなると会話も支離滅裂になったり長々と話してしまうことも多々あるのです。
しかし男性はそんな女性の長い話に付き合い切れず結論を急がせたり、男性自身が話をまとめ出すということをしてしまいがちなのです。

スポンサーリンク

これはできれば避けましょう。
女性から『私のよくわからない話をまとめて』というサインが出ているのであれば
男性がまとめてあげてもいいのですが、話すことに集中している女性の話は男性がまとめてしまったり結論を急がせたりしてしまうと逆効果です。
その行為は、女性には『話していてもつまらない人』と思わせてしまうものなのです。


『で、結局何が言いたいの?』なんて言葉はもってのほか。これを放った時点で全てが終わってしまうでしょう。
この言葉を笑いとして使える男性は非常に少なく、そしてそれを笑いとして受け取れる女性も非常に少ないので、まず発してはいけない言葉に挙げられます。
『要するに、あれだろ』というまとめにかかるのもNGになります。
女性の気が済むまで話を聞き、そして頷く。
たまに言葉を添えて女性の話を助けてあげる。
これが理想的な女性との会話術になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加