口は災いの元 女にモテる男 会話術

口は災いの元

スポンサーリンク

「口は災いの元」
古くからつたわるありがたいことわざがあります。

 

男女との関係においても、ひと言多いがために、その男女の関係に悪影響を生じてしまうということがよくあります。

 

多くの場合、ひと言多いのは男性です。
ひと言多い男というのは、まあ、女性に好かれるもてる男性からはかけ離れた存在であるといえるでしょう。

 

心に思いついたことをそのままストレートに言葉にして発してしまう。
それが、ひと言多い男性の特徴です、。
考えるより先に、つい口をついて出てしまうんですね。


女性にもてる男になりたいのだったら、心に浮かんだことをそのまま言葉にしていいのかを熟慮してから、口にするような習慣を身に着けてください。
これは、ふだんから意識することで習得することができます。

 

ひと言多い男のこの「ひと言」というのにはいったいどういったものがあるのでしょうか?
まずはそれを知っていないことには、発言していいことなのかどうかの判断もつきません。

 

これは何かというと人の悪口と自分の自慢話です。
なかなか難しいのが、男性側からしたら、別に悪口だとは思わないようなことでも、言われた相手側や周囲からしたら、悪口だと感じてしまうようなことがあるということです。

スポンサーリンク

このあたりの基準は、人の考え方や感覚などによって左右されうるものですので、難しいところですが、これも普段から意識することで、わかってくるようになってきます。
意識していれば、そういったひと言多い発言をしてしまったときに、会話をしている相手の表情や体の姿勢などのどこかしらに、拒否を示す反応が出るものだからです。

 

そういったサインを見逃さずに注意して読み取るようにしていれば、NGワードを言ってしまったときもすぐにわかります。
言っていいことかどうかを熟慮してから発言するように気をつけながら、そうして経験値を積み重ねていけば、次第に、世間一般的な言わないほうがいいい言葉の境界ラインがだいたいなんとなくわかるようになってくるものなのです。


もてる男になりたいと考えている男性の方は、自分の言葉が余計なひと言になっていないかを判断し、改善していくことでよりモテる男に近づくことができるに違いありません。

 

モテる男というのは、たいていの場合、相手を貶めるようなことを言ったり、自分自信を持ち上げる(自慢するということ)ようなことはしないのが通常です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加