会話 苦しい時 技 テクニック モテる男

会話が苦しくなった時の為の小技を用意する

スポンサーリンク

会話が続かない状況で何だか気まずい雰囲気になってしまった事はありませんか?
これはきっと多くの方が経験していらっしゃるかと思います。
会話が途切れると「何か話さないと!」「どうしよう!」と焦ってしまいますが、だからと言って無理に話を続けるとだんだん話をしているのが苦痛になってきてしまいます。
カップルによっては、最終的に2人とも無言の携帯いじりで場をしのぎ、気まずいまま解散というケースもあります。


ちょっと想像しただけでも異性とのデートが不安になってしまうようなケースを例に挙げてしまいましたが、ぜひ安心して下さい。
会話が苦しくなった時にこのような状況をさける方法があります。
それは、雑学や豆知識、クイズなどを話題として用意しておくという方法です。
口頭でできる遊びであれば何でも良いので、占いや心理テストなどでもOKです。

スポンサーリンク

心理テストを用意する時は、回答結果がソフトなものがおすすめです。
女性は占いや心理テストに関心を示しやすい傾向がありますので、回答結果を伝えた後に「どう?当たっていた?」と話が弾みやすそうな物を選んでみましょう。
このような情報はインターネットでも手に入りますし、本屋や図書館での立ち読み程度でも充分に情報収集できます。
もし回答結果が伝えにくい答えを女性が選んでしまった時は、その場で結果を変えてもかまわないです。


このようにいくつか用意しておけば、万が一ネタが底をついた時にも会話が苦しくなってきた時にも、無言の間を作らずにすみます。
また、ゲームなど遊びを取り入れることでお互いにリラックスしたり、別の話題に発展したりしやすくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加