話が苦手な女性 会話 きっかけ モテる男

話な苦手な女性にきっかけを作ってやる

スポンサーリンク

話が苦手な男性がいれば、話が苦手な女性も同じようにいるでしょう。
話が苦手な女性をリードするのは、男性の出番ですよね。
しかし、ここで勘違いをしてはいけません。
話をリードするというのは、男性がずっと話をして場を盛り上げるということではありません。


話が苦手な女性でも、話のきっかけを与えてあげる質問をしてあげることこそ、男性が会話をリードするということなのです。
では、どのような方法で質問を行いながら会話をおこなうとよいでしょうか。

スポンサーリンク

まずは、最初に会ってからの会話が重要です。
特に初対面の女性の方と話すときは、どの男性も自己紹介をおこなうと思います。
「初めまして○○です」といったように自己紹介をした後に沈黙になるといったことはないでしょうか。
初対面の方なので緊張するのはわかりますが、これでは話が苦手な女性はどんどん話せない空気になってしまいます。
沈黙の後に、お見合いでよく聞く定番の「ご趣味はなんですか」などの会話になると相手もあなたもずっと緊張が解けないままです。


そこで、自己紹介の後にすぐ質問して女性がすぐ会話できるようにしてみましょう。
例えば、「初めまして○○です」の後に「このお店の場所すぐわかりましたか」「お客さん多いけど人気なんですかね」などの何気ない質問を行って、相手も自然と会話ができるように早い段階で質問してみると良いでしょう。
話が苦手な女性ほど、あなたとだったら話せて楽しかったといったように特別な印象を持ってくれるかもしれないのでチャンスです。
ぜひ、会話をリードできる男性になってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加