会話 苦手 聞き役 女にモテる 男

会話が苦手でも上手に聞き役をこなす方法

スポンサーリンク

男性の方の中には、女性との会話が苦手という方も多いのではないでしょうか。
良い印象を与えたいと思って女性の話に耳を傾けてはみるものの、うまく共感の言葉を返せなかったり、だらだらと続く会話に疲れてしまったりするという男性も少なくないでしょう。
しかし、モテる男というのは聞き役も上手にこなします。


相手が気持ちよく話ができる聞き役になるにはいくつかのコツがあります。
もちろん、別のページでもご紹介しているように共感や相槌、質問なども大切なポイントですが、相手の行動や言葉や真似する仕草も聞き役として相手に好感を与えるコツとなります。
これらの仕草は、ミラー効果やオウム返しと呼ばれるものです。

スポンサーリンク

例えば、相手が笑顔で話をしていたらこちらも笑顔で話を聞く、相手が飲み物を飲んだらこちらも飲み物を飲むなどです。
また、女性が「美味しそう」と言ったら「美味しそうだね。」と共感する、「ピンク色が可愛い」と言ったら「そうだね、ピンク色が一番可愛いね。」と共感するという具合に、表情や行動、表現方法を相手に合わせます。


そうすることで、自分の話をしっかり聞いてくれている、自分と同じ気持ちになってくれていると感じ、女性が聞き手に親近感や安心感を覚えてくれやすくなるという効果が期待できます。
説明を聞いて大変そうだなと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、これは実際にやってみると案外難しいことではありません。
むしろ、相手の表情や言葉の語尾だけに気を付けていればできるものなので、じっくり話を聞いていられないという時にもおすすめできる方法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加