感情表現 モテる男 会話術

モテる男は感情表現もスマートに

スポンサーリンク

モテる男の会話のポイントは、相手に「居心地が良い」「楽しい」と思ってもらう事が大切です。
相手やシーンに合わせて、おもしろい話で笑いを誘ったり、共通の趣味について語り合ったり、時には相手の話をじっくり聞いてあげるのも良いですね。
しかし、会話の中には相手を不愉快にしてしまう言葉というのがありますので、楽しく話している中でも、言葉選びには注意したいところです。


注意したい言葉の中でも、会話の中でついつい出てしまいやすいのが「疲れた」「忙しい」「面倒くさい」「うざったい」「眠い」などといった感情を表す言葉です。
例えば、「課長がよく話しかけてくるのがウザイ。」「忙しいのに用事を頼まれて面倒。」といった具合です。

スポンサーリンク

女性は、言葉のひとつひとつにとても敏感に反応します。
その為、自分に向けられている言葉ではないと分かっていても、このようなマイナスの感情を表す言葉に緊張感を抱いてしまったり、警戒心を持ってしまったりするのです。
特に、「ウザイ」「めんどい」のような若者言葉は乱暴に聞こえてしまいますので、モテる男の会話としてはNGです。


また、会話が途切れた時などに出てしまいがちな「はぁー、疲れた。」「眠い。」といった言葉や、無意識なため息も気をつけたいところです。
もしも誤ってこのような言葉やしぐさをしてしまった時は、「趣味の話ができて嬉しい。」「その話は興味深いね。」という具合に、その場や相手に対しての不満ではないことをさり気なくアピールしつつ、フォローを入れられるのがモテる男の会話だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加