会話中の視線、相手のどこを見る?

スポンサーリンク

みなさんは人と話しをする時、視線はどこを向いていますか?
一般的に「話す時は相手の目を見て」と言われていますが、長い時間ジッと目を見続けられると、見られる相手も見る方も疲れてしまいます。
そこで参考にしたいのがモテる男の会話中の視線です。
これまで会話中の視線をあまり意識されていなかったという方は、ぜひ参考にされてみて下さい。


モテる男は、会話中相手の方を向いていても目はほとんど見ません。
では、どこを見ているかというと、視線は相手の目からややずれた位置、眉間あたりを見ていることが多いです。
そしてジーッとその一点だけを見ているわけはなく、視線を別にそらしたり、時々目と目を合わせたりもします。

スポンサーリンク

会話中、相手の目からややずれた位置に視線を合わせることで、話をきちんと聞いているという姿勢も示めせられるうえに、相手に威圧感を与えずに済みます。
また、基本視線をややずらしておく事で、時々バチッと目を合わせた時に女性をドキッとさせる効果も期待できるのです。
見る位置は、眉間でも良いですし、口元でも良いです。


ただし、視線をずらすと言っても目をキョロキョロさせてしまってはいけません。
「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、あまり視線が動きすぎるとせわしない印象を与えてしまったり、女性を不安な気分にさせてしまったりしてしまいます。
顔を見て話す時は相手の眉間を見て、時々視線をはずす、自分の気持ちを伝える時や肝心な話をする時は相手の目を見る、というように視線も会話術のひとつとして意識してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加