女性の期待する反応 モテる男 会話

モテる会話、女性が期待している反応をする

スポンサーリンク

女性との会話では、結論を提示するよりも相手の気持ちを理解し共感してあげるようにするのがモテるコツです。
この点についてはきっとすでにみなさんご存知ですよね。
しかし、会話の中で共感はしているものの、それが空振りに終わってしまっている男性は少なくありません。


共感が空振りするというのは、ここでは女性が共感して欲しいと思っているポイントを分かってあげられていない状態です。
女性が何に共感してほしいのかにちゃんと気づいてあげ、相手の求める言葉や反応ができないと、ただの分かったフリになってしまいます。

スポンサーリンク

例えば、女性が「足のサイズが小さくて靴を選ぶ時に困るの。」という話をした場合、あなたならどこに着目し、女性がどのような答えを求めていると判断しますか?
「足のサイズが小さい」でしょうか?それとも「靴を選ぶのに困る」でしょうか?
女性が主に伝えたい事が前者であれば女性らしくて可愛らしいと反応したいところですが、後者なら困っていることに共感を示さなければいけません。
ここで反応を間違えると女性にとっては物足りない会話となってしまうだけではなく「この人とは話が合わない」と思わせてしまいます。


ちなみに、上記のような例で困った時には前者と後者の両方にふれておくと取りこぼしがないです。
なぜそんな分かりにくい言い方をするのか、なぜ期待する反応を返さないといけないのか、男側からすると面倒くさいと感じてしまう事もありますが、女性にモテる会話では大切なポイントです。
慣れれば大して面倒くさくも難しい事でもありませんので、ぜひこのポイントも気に掛けながらモテる会話を楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加