女性との会話 言葉選び 慎重 女にモテる

女性との会話での言葉選びは慎重に

スポンサーリンク

ほんのたったひと言、何の気なしに言った、
そのひと言が原因で人間関係がこじれてしまったというそんな経験はありませんか?
口は災いの元とはよく言ったもので、人間関係においては、
ときとしてそういった事態が起こりえます。

 

特に男性の場合にありがちだと思いますが、
言葉の選び方が不十分であったり不適切であったりしたために、女性を傷つけてしまうということです。


このようなことがよくあるのなら、モテる男にはなりえないでしょう。

 

このように、女性にもてるためには、女性との会話において、
その言葉を適切に選択することが求められるのです。

 

女性との会話において、2種類の言葉に分けられます。
それは「言ったほうがいいこと」と「言わないほうがいいこと」です。

 

言った方がいいことはどんどん言っていったらいいのかというと
実は、話はそう単純でもないんですね。

スポンサーリンク

何事も過ぎたるは何とやらで、やたらと言いすぎるのも良くないのです。
それが、たとえ言ったほうがいいことであったとしてもです。
なぜなら、いくらいいことでも過剰に言い過ぎるとしつこくなってしまい、言葉の重みがなくなってしまいます。
ここぞというときに言うからこそ、言った方がいいことというのは利いてくるのです。

 

すでに恋人という関係になっているような女性が相手なら、
積極的にどんどん言ってもいいのかもしれませんが、
モテル男を目指しているのであればほどほどで充分です。

 

そして、もっと注意して付き合って欲しいのが、
「言わない方がいいこと」になります。


たとえば、胸・足・顔などをほめることです。
褒めるということはポジティブなことなので、よいと思ってしまうかもしれませんが、逆効果です。
体のパーツに、女性自身、満足していることは少なく、多くの女性はコンプレックスをどこかに抱えています。
そんな気にしているところの話題にふれることは、女性としてはたとえポジティブな褒め言葉であっても、して欲しくないのが女心なのです。
それに男性から言われると、よっぽど上手な言葉を選ばない限り、いやらしさがかもし出されてしまい、女性から気持ち悪がられます。

 

あと、女性蔑視をほのめかすような言動も避けたいですね。
女性にたいしてへこへことへりくだっては絶対にいけないと思いますが、かといって、女性をさげすむかのような言動を面と向かってするのはいけません。

 

言葉の選択には細心の注意を払って、女性との会話を楽しんでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加